忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お久しぶりです。

突然ですが、「狼陛下の花嫁」という少女マンガに大変はまっております。
最近というか、発売当初からはまっておったんですが、9巻には本当にやられました。
折に触れ、読み返してはニヤニヤしています。

狼も子犬もいいけど、どっちでもない切ない顔で夕鈴に迫るとことかもう・・・・っ!
「僕も触れていい?」
とか、どんな爆弾発言だこの野郎!

と、まぁ鼻息を荒くして興奮して見とるわけです。
いやぁ、9巻いいなぁ。
ほんとにいいなぁ。


そして、恒例の(?)主ビア変換です。


「陛下!またこんなところでサボって!早く政務室にお戻りください!」
政務を抜け出した彼を探しに行くのはいつもビアンカの役目だった。
「うん・・・。もうちょっとしたらね・・・」
「プックルのおなかで寝ないでください!!ほら、プックルも立つ!いい加減にしないと怒りますよ!」
「・・・・ねぇ。なんで敬語なの?」
「は?国王陛下に敬語を使わない人なんていないでしょう?」
「・・・昔は敬語じゃなかったでしょ」
「昔は国王陛下じゃなかったからです。さ、ほら立ってください!」
プックルのおなかに顔をふせたまま、なかなか起き上がろうとしない彼を叱責していると、くぐもった声が聞こえてきた。
「・・・・くれたら行く」
「え?何ておっしゃったんですか?」
「僕の名前。名前で呼んでくれたら仕事に戻る」
「・・・無理です」
「無理じゃないでしょ。知らないわけじゃないんだから」
「不敬罪に当たります」
「僕自身が呼んでほしいって言ってるのに、何が不敬なの」
「とにかく無理です」
「ねぇ、ビアンカ」
何時の間にか腕を獲られ、あっという間に彼の横に座らされる。
「っ!耳元でささやかないで!」
甘い声が頭の中に響く。
「では国王からの命令なら、君は聞いてくれるのか」
「!・・・ずるい・・・」
「ビアンカ。僕の名を呼んで」
「・・・」
「呼んでくれなきゃ政務には戻らないよ」
意地悪な顔で微笑むこの人に、抵抗する術はもっていない。
「・・・カ」
「聞こえないよ」
「・・・リュカ。ちゃんとお仕事して」
「これからはちゃんと名前で呼んでね」
そう言って立ち上がりながら手を差し出す彼。
この手ははたしてとってもいいのか。
迷っていると彼から手を握られた。強く、強く。
思わず顔を上げると、すごく嬉しそうな満面の笑み。
本当にずるい。
そんなの見たら、なんだって許しちゃう。



ビアンカの立場は臨時花嫁でも女官でもよいです。
幼馴染だったのに、突然身分の差ができちゃったかんじで。
結局のところのライトver.でしょうか。


以下、拍手お礼です。

拍手[4回]

PR
このブログもpixivも全然更新してないのに、ちょいちょい皆様にお構い頂いています。
本当にありがたいです。
ネット環境はまだ整っていないのですが、公共交通期間を利用する機会が増えましたので、停車駅まで頑張ってスマホを打とうと思います。
ここまで打って最早相当挫折しそうです。
途中までしか打てなくてもそこでやめます。
さ、どこまで打てるかな!



「ビアンカ?」
心臓が止まるかと思った。
バレるはずなんて絶対にない。分かってくれるはずなんてない。
そう思っていた。
だって、どんな顔して会えばいいの?
自分の気持ちに蓋をして、彼も自分も傷つけて、最後に手を振り払ったのは自分なのに。

何も言えずに戸惑う私をリュカはさらに追い詰める。
「ビアンカなんだろう?」
本当の私とは何もかも違う姿の私を見て、この人は何故こんなことを言うのだろう。
「ち、違います」
別人の声で、やっとそれだけを言えたビアンカにリュカは眉を寄せて言い放った。
「嘘だ。なんでそんな格好してるの?」
そう言ってリュカはビアンカの手首を掴んだ。
「離して!お、お離しください!王子!私はビアンカでは…」
「ビアンカ!!!」
懸命にリュカから逃れようとするビアンカを、リュカは大声で制した。
「また、僕の腕を振り払うの?」
苦しげな表情で呟くリュカにビアンカは息を飲んだ。
そんなビアンカをリュカはそっと抱きしめた。
優しく懐かしい抱擁にビアンカの瞳から涙が零れる。
「なんで?どうして?」
「もう嫌なんだ」
ビアンカを抱きしめる腕を強めながらリュカは言った。
「君が見つからないなんて絶望を味わうのはもう嫌だ」

「僕はもう君を見失わない」



おお、なんとか書けた。
つか、これ結構クライマックスですね。
こんなネタバレしてよかったのかしらー?
ま、いっか。

pixiv 結局のところ 予告



以下、拍手お礼です。

拍手[10回]

外はめっちゃ雪が降ってます。
昨年もこの時期は雪の話題ばかりでしたが、だってこれしかネタにすることないよってくらい雪降ってるんだもの。
家の中なのに、室温1ケタって。
これを打つ手も相当かじかんでます。

最近ニコ動をよく見てるんですが、見たまま寝落ちすると、0時と2時に
「ニーーーッコニッコ動画ッ!!」
と、結構な音量でパソコンから勝手に聞こえてくるのでかなりびっくりします。
しかし、これを目覚ましとして布団の中に行けるのでいいっちゃいいのか・・・。
何にせよ、起きた後動悸がパないので心臓には悪そうです。


以下、拍手お礼です。

拍手[4回]

更新がまちまちすぎて、管理画面を開くたびにレイアウトが変わっとるんでついていけません。
見ながら編集ってなんじゃこりゃ?
今、見ながら書いてますけど?
続きは・・・ってタブみたいになっとる!
世の中の流れにたちどころに置いていかれている今日このごろです。

2こくらい前に書いたヤンデレ5主さん、思ったより好評のようでよかったです。
ストーカー5主もたまにはいいじゃない!と思って書いたんですが、読み返せば読みかえすほどビアンカ逃げてー!!ってなります。
きっと逃げられませんけどね。つか、逃がしません。作者が。
5主の嫁はビアンカだけです。

以下拍手お礼です。

拍手[2回]

カテゴリー分類してる割には、拍手お礼と主ビア文を混同していることにようやく気付きました。最初は軽い会話でも、と思って書いてもどうにも長くなるんですよね。悪い癖です。
かといって、お返事だけでもがっかりさせてしまうのでは・・・と思うとなかなか難しいです。

こんな拙い文に拍手やコメントを頂けることに本当に感謝しています。
力の源です。現金なものですから、なんの反応もないのに書き続けるのは私には不可能です。なので今後もコメントなどにはしつこくお返事してまいりたいと思います。
このブログをやめて全部pixiv公開にしてしまおうかとも考えてるんですが、上に書いたようなことをウダウダ悩むとどうにも踏み切れません。
つか、実際このブログしか見れない人っているんですかね?
こんなところでも見てくださる人がいるなら一応残しておこうのですが、どうでしょうか。
でもくだらないことをウジウジ書ける場所もほしいしなぁ。
でもpixivオンリーとかブログオンリーの文を書けるほど量産もできんしなぁ。
うーん。
相変わらずウザいこと書いてすいません。

それでは以下、拍手お礼です。

拍手[3回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]