忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログもpixivも全然更新してないのに、ちょいちょい皆様にお構い頂いています。
本当にありがたいです。
ネット環境はまだ整っていないのですが、公共交通期間を利用する機会が増えましたので、停車駅まで頑張ってスマホを打とうと思います。
ここまで打って最早相当挫折しそうです。
途中までしか打てなくてもそこでやめます。
さ、どこまで打てるかな!



「ビアンカ?」
心臓が止まるかと思った。
バレるはずなんて絶対にない。分かってくれるはずなんてない。
そう思っていた。
だって、どんな顔して会えばいいの?
自分の気持ちに蓋をして、彼も自分も傷つけて、最後に手を振り払ったのは自分なのに。

何も言えずに戸惑う私をリュカはさらに追い詰める。
「ビアンカなんだろう?」
本当の私とは何もかも違う姿の私を見て、この人は何故こんなことを言うのだろう。
「ち、違います」
別人の声で、やっとそれだけを言えたビアンカにリュカは眉を寄せて言い放った。
「嘘だ。なんでそんな格好してるの?」
そう言ってリュカはビアンカの手首を掴んだ。
「離して!お、お離しください!王子!私はビアンカでは…」
「ビアンカ!!!」
懸命にリュカから逃れようとするビアンカを、リュカは大声で制した。
「また、僕の腕を振り払うの?」
苦しげな表情で呟くリュカにビアンカは息を飲んだ。
そんなビアンカをリュカはそっと抱きしめた。
優しく懐かしい抱擁にビアンカの瞳から涙が零れる。
「なんで?どうして?」
「もう嫌なんだ」
ビアンカを抱きしめる腕を強めながらリュカは言った。
「君が見つからないなんて絶望を味わうのはもう嫌だ」

「僕はもう君を見失わない」



おお、なんとか書けた。
つか、これ結構クライマックスですね。
こんなネタバレしてよかったのかしらー?
ま、いっか。

pixiv 結局のところ 予告



以下、拍手お礼です。

シャルルさん

この記事はちゃんと一番最初に書きました(笑)。
再度お声をかけて頂けて嬉しいです。
主ビアも褒めてくださってありがとうございます。
更新意欲の糧となります。
どうぞこれからも覗いてやってください。

拍手[10回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]