忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

間が空いてしまいました。

3.届かない思いならばキスなんてしないで



「眠れないの?」
夜風に当たるリュカにビアンカが話しかけた。
「昔みたいにほっぺにキスしてくれたら寝れるかも」
「は?」
悪戯な笑顔を浮かべながら、からかうようにリュカが続ける。
「昔はしてくれたでしょ?」
「いつの話よ!それに、ほっぺじゃなくておでこでしょ!」
「ちゃんと覚えてるじゃないか」
「リュカ!」
頬を染めながらビアンカが声を上げる。
口調は怒っていても、その表情からは全く怒気を感じない。
無意識の上目使いが心をざわつかせる。
だから、今日は少し甘えてみようと思った。
「してくれないの?」
挑戦的な笑みでビアンカを見つめる。
この駆け引きにビアンカが乗ってきてくれるとは思わない。
ただ、言ってみてもいいのではないかと思ったのだ。
黙っていても、いずれ別れの時はやってくるのだから。
「・・・・これで最後だからね」
彼女の髪が僕の頬を優しくくすぐった後、額に唇が触れた。

「ちゃんと暖かくして寝てね」
そう言って、ビアンカはリュカの元を離れた。
優しげな微笑みの中にどこか陰りが見えたのは、僕の欲目だろうか。

ほんの一瞬、かすめるようにして触れられただけだった。
それでも触れられた場所は十分すぎるほどの熱を持つ。
彼女が近づいたときの香りが頭をボーっとさせる。
これだけのことで体中が満たされるようだ。
同時にもっと欲しいと渇きを覚える。
けれど。
これで最後。
もう、彼女の唇が僕に触れることはない。
その事実に、リュカは眉を寄せ苦しげな表情で胸を抑えた。

夜風が冷たくリュカを通り抜ける。
リュカは自分自身をきつく抱きしめた。
僅かに感じた彼女の香りを、ぬくもりを抱いて眠ろう。
せめて夢の中では彼女の側にいられるように。




結婚前のどこか。場所はまぁ適当で。
さんざん既出だと思いますが、このお題ではやはりこの時期しかないでしょう!
主ビアが最も切ない時期ですからね。
主ビア前提のフローラさんでもいいかと思ったけど、ビアンカ以外にキスするとかダメぜったい!

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]