忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人様の作品を見ていい夫婦の日を思いだす体たらくです。
数あるイベントの中でも主ビアを象徴する輝かしいイベントの一つである、1122を忘れるなんて主ビアスキーとして失格です。
自分が恥ずかしい!!

ところで、やっとこさこたつを出しました。
これで足元ぬくぬくのままパソコンに向かえます。


今日はpixivの「飛び出せ青春!」のおまけみたいなもんです。


「王様!あの、ちょっときていただけませんか・・・」
リュカは青ざめた顔をした女官たちに引っ張られて自室のドアの前に立っていた。
「この中なんですが・・・」
「中に何かあるの?」
ヒッと息を飲む女官たちにリュカは首を傾げる。
「何かあるというか・・・何かいるというか・・・」
「と、とにかく中を見てください!!」
普通怪しいものがあるときに王を最前線に立たせるというのは家臣としてなんともお門違いというものだが、この国で一番強く頼りになるのは王なのだから仕方ない。
特に魔物にもよく通じ、魔界や果てまた天空人にも知り合いがいるという王より頼れるものがいるはずはない。
とりあえず王に任せておこう。
女官たちは全員一致で、頼られると嫌と言えない優しい王に怪しげな生き物を任せることにした。
リュカがドアを開けるとそこには丸い大きな岩のようなものがあった。
それはなぜかリュカの旅装束のマントに包まれている。
しかも呼吸をするように小さく動いているのだ。
確かに怪しい。
しかし、魔物の気配も全然しないし危険な香りも全くない。
何よりリュカの勘があれは100%安全なものだと言っている。
王様気を付けてください!王様がんばってください!
などの、あくまで小声の女官たちの声援を受けつつリュカはその紫色の物体に近づいた。
すると、紫の間にキラキラと光る金糸が見える。
「ビアンカ?」
そっとマントをめくると、そこにはリュカのマントに包まれて眠るビアンカの姿があった。
思わぬ王妃の登場に女官たちが一斉に近づく。
あんなに怖がってたのになぁと思うリュカを後目に、女官たちは一斉にまくしたてた。
「まぁ王妃様!こんなところで何をなさってるんですか!」
「お姿が見えないので心配してたんですよ!」
「まだお疲れの身でこんなところでお休みになられるなんて!」
「あれ・・?私寝ちゃってた?」
半分寝ぼけながらビアンカが目を覚ました。
「なんでこんなところでこんな恰好で寝てたの?」
苦笑まじりにリュカが尋ねると、ボーっとしていたビアンカの顔が途端に赤くなった。
「え・・・あの、その・・・言うほどのことじゃ・・・」
皆の視線が一斉にビアンカに集まる。
すると、これ以上ないというくらい赤い顔でうつむいたビアンカが答えた。
「リュカに・・・抱きしめられる練習を・・・」
途端に赤い顔をする人物が一人。
途端にあきれ顔をする女性が数名。
「さっ、行きましょ行きましょ」
「さーて、夕食の準備がまだでしたわ」
「ああ、浴室がまだ整ってませんでしたわ」
真っ赤になった夫婦を横目に次々とこの場を後にする女官たち。
取り残された夫婦はしばらく無言のまま赤くなっていた。
「・・・よければ、本物が練習に付き合うけど」
「!・・・だから、本物だと緊張しちゃうから練習してるんじゃない・・・・」
「なんでマントなの?」
「・・・・リュカに包まれてるみたいなんだもん」
「ごめん、ビアンカ。練習なしでいい?」
ちょっと!と慌てふためくビアンカをギューッと抱きしめるリュカ。
室内に充満する大好きオーラにしばらく近づけない家臣たちであった。

「しばらくお部屋には近づいてはなりませんよ」
「なんで?」
「お兄ちゃん、もうしばらくプックルと遊んでましょう」
「もう十分遊んだよー」
「今行っても困るだけよ。お互いに」
空気を読みすぎる王女に末恐ろしさを感じつつも、国王夫婦の仲睦まじさに国の誰もが笑みを浮かべる。
そんな日常がグランバニアに根付きつつあった。

拍手[6回]

PR
もう更新のできなさに、ほとほと愛想が尽きます。自分が。
むしろ自分のではなく人様の主ビアを見たいです。

街の中で次の旅の支度をしていると、彼がふと足を止めた。
不思議に思い、ふと彼の視線の先に目をやると、そこには旅装束を身にまとった父子がいた。
街の中ではしゃぐ息子を温かいまなざしで見つめる父。
そして息子もまた父に笑顔を見せる。
それは在りし日の彼らを見ているようであった。

その光景に遠い日を重ねるかのような彼に、声をかけようかどうしようかと戸惑っていると、ふと彼が振り返った。
「ごめん、行こう」
振り向いた彼はもういつもの笑顔。
穏やかでいて、みんなを包み込むような優しい笑顔だった。
けれど今日はそれが胸に刺さるようで、思わずビアンカは彼の手を握った。
「え?ビアンカ?」
驚いてうろたえるリュカだったが、ビアンカはその手をもう一度しっかり握り直す。
「どうしたの?ビアンカ」
若干赤くなった顔で戸惑うリュカにビアンカは真っ直ぐに視線を合わした。
「ちゃんと私も覚えてるよ」
「え?」
「リュカだけじゃないんだよ。おじさまのこと覚えてるの。ちゃんと、おじさまとリュカが二人でいたこと覚えてるからね」
だから、振り切るように笑顔で隠さないで。
「それに今は、仲間の魔物さんたちも、・・・・一応私もいるんだからね」
最初から一人だったみたいな顔しないで。

「ありがとう、ビアンカ」
消えるような声でそうつぶやいてリュカは痛いくらいにビアンカの手を握った。
握りつぶされそうなくらいの強い力だった。
けれど、その痛みに彼がどれほどの思いを込めているのかが分かっていたから、ビアンカはあえてされるがままになっていた。
本当は手を握るのは私の役目じゃない。
この先の街に待つ彼の花嫁が彼を癒していくのだろう。
ずるいとは分かっている。けれど、一度くらい幼馴染の特権を使ってもいいだろう。
彼の横にいられるのは今しかないのだから。
幼馴染という言葉に隠れてこの状況を利用する自分がすごく卑怯だと思った。
けれど、繋いだ手を離さない彼もまた幼馴染という言葉に隠れているのだろう。
今だけ、在りし日の父に思いを馳せる彼を支えられるのは自分だけだと思いあがってもいいだろうか。
それの思いに返事をするように、彼が繋いだ手をもう一度握った。



サラボナに着く直前くらいのどっかの街or村
5主→←ビアンカの両片想い期間が大好物です。
5主としては最早ビアンカは俺の嫁、と思っていますがビアンカは恋心と罪悪感の間で揺れるという、なんとも切ない状況がたまらんですな!
誰かもっと書いてくれんかなー。

拍手[5回]

比較的今回は早めの更新ですね。
今回は結局のところの番外編を。pixiv見れない人はなんのこっちゃってかんじですね。すいません。
ビアンカを見つける前ですね。
パパス生きてる設定なので、ヘンリーとどう知り合わせりゃいいのかわからなくて、有耶無耶のうちに親友設定です。
ホントに返す返すも死なせときゃよかったなぁ。


「お前さぁ、マジで結婚すんの?」
「何、突然」
「いやさぁ、なんつーか、言いにくいんだけど・・・」
「気持ち悪いなぁ。はっきり言ってよ」
「気持ち悪いってお前!・・・・ビアンカちゃんのこと、あきらめたのかよ」
「・・・」
「悪ぃ。けど、本当にいいのか?」
「言いわけないだろう。言いわけない。だけど、仕方ないじゃないか。そういう立場なのは、ヘンリーが一番よくわかってるだろ?」
「仕方ないで割り切れるのかよ・・・。ちゃんと、その人のこと愛せるのか?」
「愛せるよ。優しさだけならいくらでも」
「お前っ!」
「もういいだろ?そういうもんじゃないの?政略結婚って」
「けど」
「ヘンリーは特別なんだよ。特別幸せなんだ。好きな人と結婚できるなんて、本当に幸せだよ」
「・・・もしも、もしもこの後ビアンカちゃんが見つかったら黙って見てられる自信あんのかよ」
「・・・ないかもね。無理矢理会いに行くかもしれないし、もしも・・・・他の男といたらぶっ壊しちゃうかも」
「ぶっ壊すってお前・・・」
「他の男に盗られるなんて想像したくもないけどさ」
「じゃあなんで結婚すんだよ」
「・・・・ほんとに何でだろうね」

ビアンカちゃんが見つからなければ、この男は結婚して家族にも国民にも虚像のような姿を見せていくのだろう。
誰にもそうとは気づかせずに。
「どこにいんだよ・・・」
救ってほしかった。
自分の中に自分を閉じ込めようとする親友を。
その自分に壊されそうになっている目の前の男を。

拍手[7回]

また時間があいてしまいました。
お久しぶりです。オリンピック終わってしまいましたね。
寂しいったらありゃしない!!
毎日スポーツニュースに端々に移る内村君を見てはニヤニヤし、Yahooニュースの体操の欄を見てはニヤニヤし、内村くんの画像を検索してはニヤニヤするという変態生活を送っています。
あー、もう、頂点を極めたアスリートというのはなぜあんなに輝いてるのか!
素敵すぎてニヤケがとまりません。
銀座のパレードもコナミのファンイベントもめっちゃ行きたかったなぁ・・・。
仕事のバカやろう!

ということで、今日は仕事にふてくされる5主さんをお届けします。


バンッ!バンッ!
机をたたきつけるような音が執務室に響いている。
もちろん机をぶん殴っているわけではない。グランバニア国王、もとい世界の救世主であるその人が本気で机をぶん殴ったら、いくら国王の高級机といえども一発で破壊されるだろう。
「いい加減に機嫌を直してください、坊ちゃん」
「・・・・」
無言で書類に(大変力強く)承認印を押し続けるリュカに対し、サンチョはため息まじりに話しかけた。
大きくなってもふてくされ方は同じだな、と苦笑しながらリュカを見つめる。
視線を合わせず無言で何かの作業をし続ける様子は小さいことに父に叱られてふてくされる姿と全く同じだ。
小さいときは無言で土いじりをし続けてきたが、それが国王の仕事に変わったところは唯一成長したところであろうか。
しかし、一点を見つめながら小さく口をとがらせる表情は変わっていない。
内心でそれを微笑ましく思いながらサンチョは口を開いた。
「王妃のおっしゃることも一理ありますよ。国王たるもの、そうやすやすと国をあけるものではありません」
「それは王妃も同じでしょ」
リュカは視線をずらすことなく相変わらずバンバンと派手な音を立てながら印を押し続ける。
「なんで僕だけ置いてきぼりなの」
ビアンカと子供たちはダンカンを訪ねていた。久しぶりの里帰りである。
本当ならリュカもいっしょに行くはずだった。というより、無理やりついていくはずだった。
しかし、書類がたまっていることがビアンカにばれてしまい、留守番するはめになったのだ。
今日中に帰ってくるから、と説得され無理やり執務室に戻され、今に至る。
「国王御一家のおかげで、世界は平和を取り戻しました。国王が心配されるようなことはもう起こりませんよ」
かつて、自分がいない間にさらわれた最愛の人。取り戻すまでに彼の時間で2年必要だった。
その時の悲痛な表情と痛々しさは今思いだしても胸が痛む。
それを思ってサンチョは話しかけた。
「王妃様はすぐに戻ってらっしゃいます。それに、誰より心強いお二人がいっしょじゃないですか」
「確かにね。けど、僕の方が強いし」
「それは・・・まぁ、そうですね」
「それに、僕のほうがちゃんと守れる」
「そうですねぇ・・・」
「ビアンカを守るのは僕の役目で特権のはずなんだけど」
「・・・・」
とどのつまり、このお方は家族に置いていかれたことも然ることながら、妻を守る役割を子供たちに獲られたことがくやしくてたまらないのだ。
サンチョは遠い昔、レヌール城から帰ってきた小さなころの国王を思いだしていた。

『サンチョ!僕、ビアンカのことちゃんと守ったよ!!ビアンカ、僕のこと見直したって!!』

本当に小さい時から変わらない。
ビアンカちゃん命だ。いや、ビアンカちゃん命すぎる。
思いっきり深いため息をついてから、サンチョは書類を整えた。

拍手[13回]

もうすぐ父の日ですね。
母の日はわりとプレゼント選びに悩まないのですが、父の日はすごく悩みます。
帽子もあげたし、扇子もあげたし、ぐいのみもあげたし、ポロシャツもあげたし、あとはなんだ?
酒も控えてるし、タバコも吸わないし、もうどうすりゃいいのか・・・・。
これぞ、という案があるかたはぜひお教えくださいませ。



「「うーん」」
ビアンカは二人で難しい顔をしている子供たちを見つけた。
「どうしたの?」
「お母さん」
「あのね、お父さんに内緒にしてくれる?」
「何の話?」
「父の日のプレゼントで悩んでるの」
「あぁ、なるほどね。何にするか決まったの?」
「それが決まらないから悩んでるんだよ」
「お父さんの欲しいものって何かなぁ」
「二人からプレゼントされるものならなんだって嬉しいと思うわよ」
「だからこそ悩んでるんだよ」
「うーん・・・」
「じゃあ、街に出て何か見てみる?」
「「賛成!!」」


とある道具屋にて。
「これだ!!」
「そうね!これにしよう!!」
「これ、ありったけください!!」
うーん、止めたほうがいいのかしら。でも、おもしろそうだからまぁいいか。
けど、我が子たちながらすごいセンスね・・・。



続きはpixivにて近日公開!(笑)
以下拍手お礼です。

拍手[5回]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]