忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5000hit 用に書いてたんだけど、どうにもこうにもお題に合わなくなってきたので、ここで疲労、じゃなかった披露。

 


最初から分かりきっていた。

自分には過ぎた存在なのだと。

けれど、そんな言葉で片付けられるところにはもういなかった。

気づけばこの手は必死に君を絡めとり、

どこにもいかないように、どこにもいけないように、何重にも鎖を巻きつける。

 

君の向かう先にはいつでも光が満ち溢れているけれど、その道に進めない僕が立ち止まっているから、君もまた、その道には向かえない。

 僕の向かう先はいつでも暗く闇に包まれている。そんなところに君をつれてはいけないから、鎖をはずそうとするけれど、緩まる鎖に出来る距離は、そこにあった温度を容赦なく奪っていく。

それに耐え切れず、また鎖を締めなおす。

哀しそうな笑顔でそれを見る君と、嬉しそうな泣き顔でそれを見る僕。

離れられないと分かっているのに、離れようとして、また離れたくないことを確認する。

 

いつになったらこの作業に終わりは来るのだろう。

 

 

分かってる。僕から鎖を切ればいい。それが一番いい。

やっと君を解放してあげられる。そんなこと分かってる。

だけど、結局、独りで鎖に絡められてそこから動けない僕に、君は光をあてにくるのだろう。

そこでまた僕は嬉しそうに泣くんだろう。

ならばいっそ、君から鎖を切ってくれ、と思うけれど、そんなことをされたら、また僕は必死になって君に鎖をかけに行くだろう。

そしてまた君は哀しそうに笑うのだろう。

 

分かりきっているのに、こんなにも理解しているというのに、

それが現実になったときを怖れる自分がおかしくてしょうがない。

震える自分を抱きしめてほしいと、彼女の腕を欲しがる自分をまた自分が嘲笑った。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]