忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日のネタは、今読み返すと、そこまで悪くないなぁ、と自画自賛している始末であります。

いいんだ。だって自分のネタ帳だもん。

クリスマスSS、筆が進まないなぁ。

なんていうか、精神論にごまかされない、日常の一コマみたいのをかけるようになりたいのに、なかなかなかなか。


「市丸隊長」
掛けられた声は、この世界のどんな音よりも耳になじむ旋律。

振り返ると、そこには予想通りの姿。
「なんやろ、十番副隊長さん」
「これ、落としましたよ」
乱菊から渡されたのは、美しい刺繍が施された袱紗。
「僕のやないよ?」
「けど、確かに市丸隊長の袂から・・・・。失礼いたしました」
乱菊の表情から、余計な思いこみをしたのだと分かる。
「ちゃうよ。こんな袱紗もっとる女知らんもん」
乱菊の表情が僅かにこわばる。
「出すぎた真似をいたしました。・・・これはどういたしましょう」
「そやなぁ・・・そや。君にあげるわ」
「は?」
「綺麗な袱紗やし。誰のかもわからんし、ええやろ」

「いいわけないでしょ!」
ベシャっと音を立てて、それは僕の顔に投げつけられた。
袱紗だというのに、これだけの音を立てるなんて、相当力の篭った投げ方だっただろう。
一瞬ひるんだ間に、もう君の姿は遠ざかっていた。

くくくっ、と笑いが込み上げる。
よかった。変わらずあのころの君だ。
他の女の香のする袱紗なんて欲しがるはずない。そして、それを差し出そうとする僕を許すはずなんてないのだ。
君が変わらずあのころの君であることを僕は拙い方法で確認する。
そして、君の後ろ姿を見ながらほくそ笑むんだ。
君の心に僕の居場所があることに。

「あ!ギンちゃん、いたー!!早く袱紗返してよぅ!剣ちゃんにもらった大切な袱紗なんだよ?」
「ごめんごめん、やちるちゃん。今返しに行こうとしてたとこやねん」
「?・・・なんか、ギンちゃん嬉しそうだね」
「やちるちゃんも立派な大人の女になったんやなぁと思て」
「?」
あんな綺麗な女にヤキモチやかすなんて、立派な女の証拠や。

 

やちるちゃんはたぶん、金平糖かなにかをくれようとしたんだと。
えと、日常って何かな・・・・orz

 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]