忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の拍手。またしても仕掛けはございますよ。

へっへっへ。お気づきの方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。

今んとこ、たぶん誰もいないかな。

オマケ的なものをくっつけるのは大好きです。


君に抱きしめられて思う。
僕は君自身なのではないかと。
僕を形作る全ては君で、僕の心も何もかも、全ては君が作っているのではないかと。
だから僕は君がいないと僕でなくなるのだと。
もしかしたら、この世界から消滅するのかもしれないね。
逆に言えば、君が世界の全てなのだと。
君がいれば何もいらない、なんて台詞を吐けるのは、全世界できっと僕だけだ。

けれど、君を呼ぶ声はいつだって君を悲しませるだけ。
誰よりも悲しさから無縁であってほしい君に、悲しさを運ぶ僕の声。
こんな声、なくなってしまえばいい。
本当は僕自身が消えてなくなってしまえばいいのだろうけれど。
でも、そうしたら、今度は僕が君を感じられなくなってしまう。
そんなことには耐えられないから、今日も君に縋りつづける。
確かにここにいていいのだと、この世界に生きていいのだという証を僕に。
君が認めてくれなければ、僕は消えてしまうし、認めてくれないなら、いる意味もない。

曖昧なだけの日々に、独りで生きてきた。
色褪せた世界で、何かを感じることもなく。
けれど、君の想いが息づくこの世界では、
鮮やかな色彩に目が眩み、わずかな振動でさえ僕には溢れんばかりに響く。
まるで奇跡のようなこの世界。
けれど奇跡なんて言葉で片付けるには、あまりにもったいないこの世界。
一瞬で終わるその事象でなく、これを永遠にするために、僕はできる限りのことを尽くそう。
君と共にあるために、僕は最大限の努力をしよう。
だからお願い。僕を必要としてほしい。
君から触れられなければ、この世界に存在する必要性を失ってしまうから。

君の生きる世界に存在する資格を、どうか僕に与えてください。
それが僕自身の生きる意味。

 

BGMはお分かりの方は即行でお分かりでしょう。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]