忍者ブログ
シリアスからギャグまで書きなぐり。  ギン乱(BLEACH)と主ビア(DQ5)を取り扱っています。
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [23]  [22]  [21]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このまま眼を閉じてしまえば全てが終わる。この非力な強さで抗い続ける日々に、終止符を打てる。

そう思って眠りに付いた日の次の朝、あいつは必ず必ず帰ってきた。

まるで私が逃げていくのを阻止するように。私が現実から目をそらさないように。

 

「ただいま、乱菊」

もう、おかえり、と言ってやる気さえ起きない。なのに、口から滑り出す言葉は、

「おかえり、ギン」

あぁ、まただ。どうして、私は、おかえり、と言ってしまうのだろう。

これさえ言わなければ、こいつはもう帰ってこないと思うのに。このまま逃がしてくれると思うのに。

もう、こいつに言語機能まで侵されたと思うしかない。

いまや私の持つ全ての中で、こいつからかろうじて逃れているのは、この思考だけ。

それすらも、もうすぐ完全に侵される。

その前に逃げなきゃ。遠くまで。できるだけ遠くまで。

 

ここにいてもいい、なんて、考えに侵される前に。

 

ギンが出ていった瞬間に、目を閉じてしまえればいいのに。

そうすれば、あいつのいない絶望に打ちひしがれることなどなくなる。

戻ってきてくれる、なんて希望に縋る、醜い私を見ずに済む。

一人で大丈夫だと思わせて。

一人だったのだと、最初から一人だったのだと、私に言い聞かせてから出て行ってよ。

期待など全部無くして出て行ってよ。

もう望まないから。二人でいることなんてもう望まない。

だから、せめて、あなたのいる世界を壊していって。

 

「向こうの山に、うまそうな実なっとる木見つけてん。明日、いっしょに行こな」

「明日だけ?」

「・・・・明日もあさっても、ずっといっしょに行こう?」

あんたの口からは、私を傷つける言葉しか出てこないわね。

優しい嘘のふりをした刃を向け続けるあんたと、刃に貫かれて微笑む私と、いっしょにいなくなってしまえば、私はここから立ち去れるのに。

 

あのときあんたに拾われたのは、こんなに苦しい思いをするためだったの?

 

 

いつかSSにするかも。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[10/23 faux bracelet love cartier argent]
[06/11 ちっち]
[06/10 しろねこ]
最新記事
(12/20)
(10/07)
(09/10)
(06/27)
(06/26)
プロフィール
HN:
ちっち
性別:
非公開
自己紹介:
飽きっぽい物書きです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ[PR]